特殊清掃という仕事

特殊清掃について考えてきました。

孤独死の増えてきている日本、そしていろいろな事件の多くなってきた日本では特殊清掃という仕事はなくてはならない仕事なのかもしれません。

この特殊清掃と呼ばれる仕事が亡くなってしまったら、死体を発見した人、もしくはその家族や身内などが清掃をしなくてはいけなくなると思います。

普通の人、知識のない人には耐えられない仕事だと思います。

普通の人が出来るような仕事だとは到底思えません。

それらの仕事を引き受けてくれる、特殊清掃を行ってくれる人には感謝をしなくてはいけないかもしれません。

今も日本のどこかで誰かが事故に巻き込まれているかもしれません。

気付かない場所で誰かが命を落としているかもしれません。

そうしてその場所に特殊清掃員が向かっているかもしれません。

特殊清掃は、亡くなった方を救う大切な仕事です。

Comments are closed.