特殊清掃とは

特殊清掃という仕事があることは知っていますか?

特殊清掃というのは変死体、腐乱死体などのあった現場の、清掃や消臭、消毒や害虫駆除などを行う仕事のことです。

最近は孤独死などの案件が増えてきています。

孤独死をしてしまった人の死体は腐乱死体となる場合が多いです。

発見が遅れれば遅れるほど、腐乱してしまいます。

普通の人は、その現場を見るだけでも耐えられない場合が多いです。

そうした現場の清掃をすること、それが特殊清掃なのです。
→詳しくは特殊清掃業者である特殊清掃ネクストの清掃作業の流れをご覧ください

ネクストのように清掃作業専門の業者もありますが、葬儀社が特殊性創業者を兼ねている場合もあります。

なぜなら特殊清掃と葬儀を同時に行うことも少なくないからです。

特殊清掃とはその名前の通り特殊な状況のその場所を清掃しなくてはいけない仕事です。

多くのこの仕事についている人が死について考えるそうです。

それが仕事だとは言っても多くの人はなかなか慣れないそうです。

それぐらい難しい仕事なのです。